クレジットカード現金化でのショッピング枠使用に潜む危険

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化することで現金を入手する方法ですが、現金を貸すキャッシングと、物品の購入支払いを立て替える形のショッピング枠でしっかりと分かれているのにはそれなりの理由があり、ショッピング枠を使って現金を入手する行為をクレジットカード会社は嫌っています。

ショッピング枠を現金化してまで今現金が必要な人というのは、多くの場合お金にかなり困ってしまっています。

今ショッピング枠分の現金を手にできたところで、状況が改善できない場合が多いのです。

ショッピング枠で手にできた現金も、キャッシング枠と同じように後で自分が必ず払わなくてはいけないお金です。

キャッシング枠がない状況の人がショッピング枠を現金化するというのは、状況を悪化させたり、その人を返済でさらに追い込んでしまう可能性があるため、クレジットカード会社では禁止はできないものの、控えて欲しい行為と言えます。

 

特にすでに借金があり、返済のためにクレジットカード現金化を利用するのは避けてください。
クレジットカード現金化のリピーターが選んだ優良店を徹底解説は、お金が手に入る魔法の方法などではなく、借金であることを忘れずに、しっかりと返済計画が立てられる場合のみ利用するようにしましょう。
借金返済を目的としたクレジットカード現金化利用となるとお勧めは出来ませんし、現状を更に悪化されるだけです。

返済が伸びるだけで問題の解決や来月からの返済計画が出来るわけではありませんから管理が大切になってきます。

 

ましてやキャッシング枠が無い状態でショッピング枠で現金を手に入れようという事は自虐行為ともとれます。

そういった理由も含めクレジットカード会社が会員規約などで定めているのです。

カード会社もその利用を普及するにあたり、ローン地獄の人を輩出しない努力をしくてはなりません。

必要なときでも一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。