クレジットカード現金化、自分で行うメリットとデメリット

クレジットカード現金化は業者を通して行うのが一般的ですが、なかには業者を通さずに自分で商品を売買してお金を得ている人もいます。ブランド品や金券、チケット、ゲーム機など人気の高い商品をクレジットカードで買い、リサイクルショップやゲーム専門店に売るという方法です。

この方法は業者を通さないので、手数料を節約できるというメリットがあります。現金還元率が高いのは金券や新幹線の回数券などです。ショップによっては90%以上の還元率で引き取ってくれるところもありますから、業者を通すよりお得です。

しかし金券など換金しやすい商品を頻繁に購入していると、クレジットカード会社にバレやすいので、注意が必要です。特にクレジットカードでキャッシング枠ぎりぎりまでお金を借りているのに、商品券などを頻繁に購入している人は、カード会社にバレる危険性が高くなります。カード会社ではクレジットカードを使った現金化を禁止しており、現金化をしている可能性のある人には目を光らせています。現金化のノウハウをもっている業者を利用した方が、カード会社のバレる危険が少ないのです。たとえ手数料を取られたとしても、カード会社にバレないように工夫しながら商品を購入し、ショップに買い取ってもらう手間暇を考えると、業者を利用した方が安全でお得です。