話題の現金化はクレジットカードが必須

近年で話題となっている現金化という単語ですが、どういった意味合いがあるのでしょうか。

所謂取り締まりの対象と成り得るのがクレジットカードなどの決済を利用しての現金の取得行為と言った方がわかり易いかもしれませんね。

某有名フリマアプリなどで現金を商品として出品し「クレジットカードで決済してもらえれば現金をお渡しします。」といった文言で客を集めていた様です。

さらには現金自体を折り紙のように芸術作品としての出品をしたり、フリマサイトの管理者に削除されないような方法で出品していることもありました。

現在では管理体制の強化によりなくなってきているようですが、新しい手段での出品が散見されているようです。

実はsuicaJR東日本などの電子マネーカードに上限まで現金を入れて出品しているのもありました。

どういう事かというとそのカードを払い戻しすることによって現金が手に入ってしまうという事です。

そいった手法での取引には必ずと言っていいほど購入者の立場が上になる事はありません。

クレジットカードで一万円の決済をしても現金が手に入るのは八千円程度となるようです。

もちろんカード会社でも規制されていますし、騙されて被害にあってしまう事も決して他人事ではありません。

そういったリスクを考えると選択肢の一つではないように思います。

ですので、どうしてもお金が必要で困っているようなら市役所などの公的機関にまずはご相談する方が優先です。

道路などの看板で「即日貸します」などの消費者金融や闇金などには絶対に連絡をしないようにしてください。

コメントを残す